住宅を建てるなら和風その理由とは

瓦の屋根に板の壁、畳敷きの間などが特徴の日本家屋が今、見直されています。洋風建築が多い現代の日本ですが、和風住宅には日本の長い歴史とその風土の中で育まれ、合理的に進歩してきた利点があります。また、いぐさの香りの畳や檜を用いた浴槽など日本人なら心安らぐ要素にも溢れています。一日の中で一番長い時間を過ごすのは自宅ですから、気持ちが落ち着く家であることが暮らすには重要です。それには日本家屋が最適で、家にいる間、疲れた心をゆったりと和ませてくれます。以前は洋風の家に比べるとデメリットもあったのですが、現在では工法の向上や建築材に新しい素材のものを取り入れることでそれらをクリアしています。これから新築するなら過ごしやすくまた安心感が持てる、現代の日本家屋がおすすめです。

日本家屋は日本の風土に合わせて作られています

日本の夏は温度が高いだけでなく湿度も高く、むしむしとした暑さで過ごしづらい季節です。日本家屋は間口などの開口部は大きく作ってあるので風が通りやすく、一方で大きく張り出したひさしが強い日差しを防いでくれます。建材も通気性が良く湿気も吸う木を柱や壁に使い、障子には和紙を使っています。さらに床も高くしてあるので、暑い夏でも過ごしやすくなっています。逆に冬の寒さが古い家屋では問題になるのですが、現在は冷気の入りやすいサッシの部分を気密性の高いものにしたり、断熱材を床や壁に使うことで冬を暖かく過ごすことができます。断熱材は寒さだけでなく暑さも防いでくれるので、現在の和風住宅は夏の暑さにも冬の寒さにも過ごしやすくなっているのです。夏は縁側で涼み、冬はコタツにあたって暖を取るのが、やはり日本人がくつろげる室内の過ごし方です。

現代の日本家屋は災害にも対策してあります

日本は震災が多く、建築は地震との戦いでもありました。日本家屋にはこれまでも様々な工夫がなされています。例えば屋根に使われている瓦などは、地震の時はわざと簡単に落ちるようになっています。重量のある瓦が家全体を潰してしまうのを防ぐためです。建物自体は木造建築で軽いので、重量のあるコンクリート建築と比較すると揺れにくくなっています。さらに最新の耐震、免震構造を取り入れることで地震が起きても倒壊しない、安心できる家ができあがります。怖いのは火災ですが、それも現在では不燃素材を用いることが法律で義務づけられたことや、燃えにくい石膏板を張ることで火事にも備えています。家はくつろげる空間であることが大事ですから、災害への備えは重要です。現代の建築技術によって、伝統的な日本家屋は高い安全性を備えるようになりました。こうした理由で、暮らしやすく安心感もある和風住宅を建てるのがおすすめです。