今再認識されている和風住宅の魅力

最近では、様々な分野で伝統文化が見直される事が多くなってきました。また住宅業界ではライフスタイルなどからの違いにより日本ならではの家が減少をしておりましたが、近年ではその魅力が再認識され始めて来ています。その魅力から注文する人が増えています。また日本古来の伝統的な建築には多くの魅力があり、畳だったり土間、真壁などこのようなものがあります。日本ならではの平屋なども密かに人気があります。平屋建ても日本人にとっては馴染みがある伝統的な建物ではないでしょうか。しかし、平屋にするには土地が大きくないと難しいですが、年をとってからも平屋では階段とかもないので暮らしやすいです。そこで今回は身体にも優しい和風建築について、その魅力とポイントを紹介していきたいと思います。

和風住宅は調湿機能がスゴイ!?

和風住宅の特徴である真壁は、構造となる柱が壁に隠れるのではなく、室内からでも見える形の壁の事です。日本ならではの建築には木材が多く使用される事が多く、その木材が湿気を吸ってくれたり排出してくれたりなど、室内の調湿を勝手にしてくれる事で快適に過ごす事ができます。また壁なども土壁などの調湿効果がある素材を使用しているので調湿機能がスゴイのです。やはり日本ならではの家では日本の気候風土に非常に適した作り方となっているため自然のままでいいのです。このように調湿機能が良く出来ているので、わざわざ加湿器や除湿機などといった電化製品なども必要にならないのも嬉しい所です。また畳なども多く使われているので、夏にはヒンヤリと涼しく冬にはほんのり温かくなったりもします。また日本ならではの情緒なども味わえるのも一つの魅力となります。

使い勝手も良い!畳や土間空間の魅力

日本ならではの和風住宅では、一つの空間を色々な用途に利用できるのも一つの魅力となります。畳の和室では色々な場面によって姿を変える事が出来ます。例えばお客さんが来た時などテーブルと座布団だけ出しておけば、それだけで立派な客間となります。またはテーブルをしまい布団を出せば寝室としても使えるのです。あるいは子供の遊び部屋としても、もちろんリビングとしても大丈夫です。この様に畳部屋は活用方法が多くあり、魅力的な部屋です。また最近では、土間も見直されて来ています。土間の広い空間をコミュニケーションの場にしたり半屋外としてBBQなどに利用して家族の憩いの場としても活用できます。また子供用のプールを置いて遊んだり活用法は無限大です。この様に日本ならではの昔ながらの家はいい所が多いです。また畳部屋や土間の利用方法は多くあるので、最近では見直されてきており導入する人が多いです。

和テイストの家やインテリアにこだわった家など、今までの施工事例も公開しています。 60年以降も有償で、毎年10年毎の定期点検も行っています。 お問い合わせフォームより、簡単入力で資料請求も承っています。 ポウハウスには、住まいづくりを応援する最高のプランナーが揃っています。 展示場見学の予約も、専用フォームより随時受け付けております。 日本の和風な住宅ならデザイナーズハウスPOHAUS